10-20/25-74 舞台 こまつ座公演「人間合格」井上ひさし新作 作 出演 紀伊国屋ホール  こまつ座の時代 (アングラの帝王から新劇へ)

すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場

あんな顔 こんな顔6 あんな事 こんな事 
   ~~~~~~~
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
 室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映 
ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11つき8日公開
こまつ座 公演 「人間合格」井上ひさし
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール

  顔 カオ かお こんなシーン

 


出演 風間杜夫 すまけい 岡本麗 中村たつ 辻萬長 原康義
          
 * 写真は テレビ録画VHSからDVDに移し デジカメでSDカードへ
 全シーン引きの撮影ばかり  
   ---------------------------
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
   1988年9月5日より放映
  『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 1月6日放映 TBSテレビドラマ 「男どき女どき」向田邦子
 久世光彦演出に出演 
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開

 こまつ座 公演 「人間合格」井上ひさし
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
  つづく
   --------------------------
    思いつくままに
      旅手帳 1月25日

      旅先の楽屋 着替え中

         (なんでこんなとこ撮る?)
    --------------------------- 
    ふと
  やっぱりやせ我慢は根性いるねおんちゃん
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ  10 月20日(日) 曇 23℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
 少しの落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている
亀も静かに泳いでる 
     今朝の新宿中央公園
  雨の雲ではない曇りの空で明けていった
少し青空が雲の合間から見えるところがある
 外気はひんやり感も寒さも感じられない
この季節に丁度いい体感
 公園の中は雨の後の湿り気がまだある
秋色の落ち葉が目につく
が まだそんなに多くない ひらりひらりだ
行き交う人は少な目
 動いて少し汗ばみ帰
      おんちゃんただいま
暑いところと薄いところがまだらに広がっている雲だけど
 晴れていきそうな気配
着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 陽差し部衛に雨の心配ない日?
     そんな朝の始まり
  予定ない日 身体は動かしてこよ
     行って来ますね
    -------------------------