5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)

   すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシーン
5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10545527.png5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10545858.png
5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10550012.png
5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10551163.png5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10551461.png

5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10551771.png
5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10555900.png
5-16/38-26 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10560481.png   
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   
 
---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

   テレビドラマ NHK「北斎」  

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   --------------------------- 
    ふと
 一人になったら なお何もできないね ・・・
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月16日(日) 晴 雲多し 23.6℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
少しの落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり
 13 14 15 16 17 数える人が居て 
覚えてた数より増えてる音が聞こえてくる・・・あれっ
     今朝の新宿中央公園
朝焼けがきれいに広がっているが 
雲もいろんな形で出ていて染まっている
風が吹いている 少しひんやり感が顔をなでる
路地に雀がいて近づいえも飛ばないのは口に大きな餌を銜えるてるからと分かる
軒下に かわいい草花が咲いていて足を止める 名前は和からない
草花はどんな狭いところからでも顔を出し花咲かせている
 水の広場に野バトに餌付けする人が出てきているのでそちらに固まっている
 雲がだんだん広がってきた
行き交う人は少な目
 動いて汗をかき帰
    おんちゃんただいま
 薄晴れの外明かり
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 風邪が緑の先をなびかせ波打ってるよう 緑の海
     そんな朝の始まり
  
さっ!!今日も元気にイこうっと!
    ゆっくり行こう 流れに任せ・・・
    --------------------

5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)   

 すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシーン
5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10415487.png
5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10420497.png

5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10420615.png
5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10422726.png
5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10423307.png
5-15/38-25 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10430918.png
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   ---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

 

   テレビドラマ NHK「北斎」  

 

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

 

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   --------------------------- 
    ふと
面倒がらずに 良く確かめてから 一変にかたずけ用とせず と 言われてタナ・・・
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月15日(土) 薄晴れ 24.1℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
数枚の落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり
     今朝の新宿中央公園
晴気味の空に薄い雲を張って 朝焼けを薄く広げて明けていいた
 爽やかな緑の空気感 すこーしある風が心地よい
陽が差してこないので涼しく感じる
野バトが行く先々で地面をつっついたり飛び交い小鳥も飛び交い鳴いている
草花は満開 軒先や街路地や公園の中の
紫陽花は咲き始めてもうすぐ満開になる勢い
気温が高い方なのに陽がないので心地よい
まだまだ緑の景色の味わい
行き交う人は同じぐらいかな
季節がいいのでどなたも心地よい朝を満喫
動いて汗をかき帰
       おんちゃんただいま
 薄い陽の色の外明かり
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 お天気 今日は下り坂・・・
     そんな朝の始まり
 はずみで
     行って来ますね
    ------------------

5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)   

   すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシーン
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10340790.png5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10341158.png
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10341243.png
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10341709.png5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10342002.png
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10342299.png
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10350985.png
5-14/38-24 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10351710.png  
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 
 
   * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   ---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

 

   テレビドラマ NHK「北斎」  

 

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

 

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   --------------------------- 
    ふと
 嫌早 どんな状態であれ生きていくとは大変とここのところの諸事情・・・
一日何が起きるかわからないと・・・今朝 行き交う人
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月14日(金) 晴  22,4℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
少し水かさを増し数枚の落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり
     今朝の新宿中央公園
 雲のある空に朝焼けを広げて明けていった
 なんとも言えない爽やかな空気感
湿度は低くないのだけど いいお湿り感が心地良い
 五月のあさーだー
緑は濃く深く草花がいきいきと息づいているエネルギーが漂う
 小鳥は木々を飛び交って 野バトも地面をつっつき飛びかう朝
 行き交う人は同じぐらい 皆が元気に見える
動いて汗をかき帰
       おんちゃんただいま
 淡い陽が差し込んできている
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 青空にまだ雲は多めだが晴れて暑くなる予報
     そんな朝の始まり
  用足しした後 輪投げクラブ 
さっ!!今日も元気にイこうっと!
     行って来ますね
    --------------------

5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代 (アングラの帝王から新劇へ)

 
    すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
    顔 カオ かお こんなシーン
5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10220679.png5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10221857.png

5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10224217.png
5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10235137.png
5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10235850.png

5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10240105.png
5-13/38-23 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_10240522.png   
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   
 
 
---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

 

   テレビドラマ NHK「北斎」  

 

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

 

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   --------------------------- 
    ふと
  寄りそうそうより添う人が・・・いた時はそんな事少しも思わなかった・・・
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月13日(木) 雨 23℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
小雨の雨の槍の水輪が消えたり踊ったり
滝の流れを待っている 亀は優雅に泳いだり沈んだり
 水輪を楽しんでいるかのよう?
 
     今朝の新宿中央公園
 雨の空で明けていった 気温は少し下がって湿度は高い体感
小雨 迷ったが出かっけるしたく
窓の下みると 何時もの人が出ていってる
 それで思い切って出
雨は霧雨の感じ 傘をさして何時ものコース
季節がいいので出てくると気分いい
ヤマボウシの花があちこちで目につきだしている
ハナミズキの木が少なくなっているのに気づく
 雨の中のノバとは少ない
緑の茂った木々の下に塀の様に植え付けられた色鮮やかなつつじが並ぶ
花壇の花や草花が雨で一段と色鮮やか
紫陽花があちこち咲き始めている公園の中
行き交う人は少ない 動いて汗をかき早めに帰
       おんちゃんただいま
 雨の空の外明かり 
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 今日は一日雨なんだなー緑深い五月
     そんな朝の始まり
  佳き事あります様に
さっ!!今日も元気にイこうっと!
    -------------------

5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)

    すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシーン
5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14413367.png5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14413508.png 
5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14414222.png

5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14414389.png
5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14414636.png
5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14415589.jpg
5-12/38-22 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14420266.png
   
 
 
 
出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

   テレビドラマ NHK「北斎」  

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督

舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール

37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   ------------------
    ふと 
 一人じゃないけど一人をつくづく思うときたたある・・・おんちゃん 行けば会えるのかな・・・
   ----------------------  
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月12日(水) 薄晴れ 23,1℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
 少し多めの落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり

     今朝の新宿中央公園
 朝焼けを広げた下の方には雲がちぎれちぎれ浮かんでいて染まっている
ここのところ雲の多い朝が続く
少しある風がかすかにひんやり感をかんじさせる
湿度が低く爽やかな感じ
 行く先々にのバト出て飛び交い雀が鳴きながら追っかけっこしたり
朝の始まりを告げるかのよう 草花も花壇の花も咲き誇っている
学紫陽花が開き始めているところがある 
昨朝 名前覚え損ねた花はユキノシタ 珍しい花の形
 行き交う人は同じぐらい
動いて汗をかき帰
       おんちゃんただいま
薄晴れの外明かり
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー 
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
     そんな朝の始まり
 ワクチンの接種の予約のごたごた気分悪くなる
高齢者相手にやる手順ではないのが分からないのが情けない
 昨日は降りそうで降らない空が続いたが
今朝は晴れ切ってないが お天気は大丈夫そう
さっ!!今日も元気にイこうっと!
     行って来ますね
    --------------------

5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)

 すま けい・ さようなら、そしてこんにちは 幻劇場
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシ
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14021277.png5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14293480.png
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14293632.png
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14293934.png
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14300549.png
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14301164.png
5-11/38-21 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14301481.png
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   ---------------------------
1972年「すまけとその仲間}解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

 

   テレビドラマ NHK「北斎」  

 

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

 

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく
   --------------------------- 
    ふと
  閉塞的な時世 大変だな都つくづく けれど生かされてる・・・
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月11日(火)  薄晴れから曇り 23.4℃

      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
少しの落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり
カモは引き上げ?られていていなかった
手当をされているといいんだが・・・願う
     今朝の新宿中央公園
 シャープな?雲が彼方此方浮かべながら明けていった
空の下には所々朝焼けを覗かせ雲を染めているところもある
少し気温下がった体感
 予報もそうだが・・・
  緑は深く 風のない朝
 公園空間の改造されて空間に
いろんな花が植えられていたのが芽を出しているのや
 急におきくなって花が咲いてるのもある 雪の下だったかな
 忘れなきゃ明日確認 ・・・
小鳥や野葉と名何時もの様に出てきている
長閑な光景 生きいあう人たちがワクチンの取れて取れないの会話が聞こえてくる
何処も大変みたい 何とかしてあげれれないのか・・・
 いきかう人は何時ものよう
動いて汗をかき帰
   おんちゃんただいま
曇ってきた外明かり
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え
 お天気下り坂?降ったり止んだりとか・・・ 
  少し風が出てきている 止むと・・・
     そんな朝の始まり
近所の方が カーネーションお供えにと下さる
頂き物のをアップすると 全部をしなきゃいけなくなるので(そんなに沢山無いが)
スルーしてるが・・・
  いきいき体操の日  中止
さっ!!今日も元気にイこうっと!
    -------------------

5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)

すまけい
あんな顔 こんな顔 あんな事 こんな事 
   ~~~~
 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台井上ひさし作 木村光一演出「きらめく星座」キャスト入れ替え 
 2月20日(木)~3月10日(火) 紀伊国屋ホール
 3月12日(木)~7月7日(火) 北海道 東北 関東 伊豆 大阪など 83ステージ旅公演
 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  
   顔 カオ かお こんなシーン
5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14013061.png5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14013468.png
5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14013646.png
5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14014383.png5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14014874.png
5-10/38-20 舞台「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場  こまつ座の時代(アングラの帝王から新劇へ)_f0325673_14020378.png
   
 出演 佐久間良子 淡島千景 安奈淳 上杉祥三 近藤陽介 北村和夫 後藤加代 冨田恵子 すまけい 
東宝若手中堅の方々
     
 * 写真は 舞台中継 VHS~DVDへ 
   ---------------------------
1972年「すまけとその仲間」解散
1985年復帰(カムバック)後 
舞台「日本人のへそ」
NHK連続テレビドラマ人間模様「国語元年」
「きらめく星座」 
   1986年舞台「国語元年」
  日本テレビ「するの、しないの?結婚」 NHK連続テレビドラマ「月なきみ空の天一坊」
 そして映画「キネマの天地」 4月中旬から7月中旬の撮影 
  そして 10月18日から11月3日「犀」に出演
   映画 寅さんシリーズ「幸福の青い鳥」
  1987年「国語元年」再演 映画「光る女」 5月から7月の撮影
  そして寅さんシリーズ「知床旅情」の撮影 映画 市川準監督「BU・SU」
 1987年10月31日公開
  再演「きらめく星座」(昭和三部作)
  寅さんシリーズ「寅次郎物語
 1988年 春 トーク番組天ちゃんのの土曜サロン 人間こんさーと」の後
  あと映像が続くが その間に「ピンポン」仮題 井上ひさし
という台本が 三田和代氏との2人芝居でと言われてたが台本が・・・
 1988年 5月15日放映 TBS 「くもりのちはーれ」日曜劇場 清弘誠デレクター
 1988年9月5日より放映『ジャンプ」山田太一作 高橋一郎デレクター TBS 23ドラマ
 1988年 制作 TBSテレビドラマ 向田邦子 久世光彦演出「男どき女どき」に出演
 1988年TBS時代スペシャル「妻たちの鹿鳴館」撮影 10月6日放映
  1988年「長屋の仇討」から変更の「イヌの仇討ち」9月22日~10月9日
   10月Ⅰ3日~12月24日旅公演に出演
松竹映画寅さん「寅次郎サラダ記念日」山田洋次監督12月24公開
 1989年
   「風の又三郎」 伊藤俊哉監督 3月11日公開 
  室生亜季子 観察医 6作 「赤い髪の女」4月放映
 ジェームス三木夏監督 「善人の条件」出演 5月3日公開
 森崎東監督  「夢見通りの人々」松竹 8月5日公開
 栗山富夫監督 「ハラスのいた日々」松竹 11月8日公開
 こまつ座 公演 井上ひさし作 「人間合格」
 12月(15)22日~12月26日 紀伊国屋ホール
1990年 1月11日~3月6日旅公演
 1990年 1月4日放映 TBS向田邦子」新春スペシャル「隣の神様」に出演 

42日放映  TBS「左遷」  原作 江波戸哲夫「総合商社」より 高橋一郎 デレクター 

 5月28日放映 TBS「妻に逃げられた男」 市川準の日常劇場 市川準 デレクター 
 9月9日~22日 井上ひさし作 木村光一 演出 「小林一茶紀伊国屋ホール 公演
 9月26日~12月旅公演 北海道~から四国

1990年9月24日放映 NHK 「ごめんね コーチャン」

1991年 328日放映テレビドラマ 「小樽運河

 

   テレビドラマ NHK「北斎」  

 

   4月21日放映 「まま・あい・らぶ・ゆー」TBS 日洋劇場 

   9月28日放映  土曜ワイド 「牟田刑事館事件ファイル15」

 

 舞台 94日初日「しみじみ日本・乃木大将」井上ひさし作 木村光一演出

 

1024日放映 テレビドラマ木曜劇場「嫁 姑 中姑」清水美喜子作

11月16日公開 映画 「よるべなき男の仕事・殺し」村川透監督 佐藤雅也 根津甚八

  9月26日(木)~12月18日(水)「しみじみ日本・乃木大将」旅公演 金沢ー奈良ー岡山ー米沢-など

36 1992年 3月21日公開 映画 「あるありふれた愛に関する調査」荒井晴彦 榎戸耕史監督
     舞台「きらめく星座」井上ひさし作 木村光一演出 キャスト入れ替え 紀伊国屋ホール
37 4月11日 公開 映画 「豪姫」脚本 赤瀬川源平 監督 勅使川原宏 出演
38 5月5日(日)~28日(火)「槌屋梅川の一生」 堀井康明 脚本 鵜山仁 演出 日生劇場   
         つづく 
   --------------------------- 
    ふと
 おんちゃんんがカモが来るところだから環境がいいんだよと 
子供をたくさん産んで泳いでたのは10年前ぐらい 親カモが車に引かれてから来なくなった
 せっかくまた来たのに・・・
   -------------------------ー   
 日々の綴り 徒然 つれづれ   5月10日(月) 薄晴れの朝 23,4℃
      おはようございます
 
     白糸の滝、ナイヤガラの滝の溜め水は
 数枚のお落ち葉を浮かべ
静かに滝の流れを待っている 亀も優雅に泳いだり沈んだり
そして かもが二羽泳いでいる 昨朝は居なかったと 行き交う人と
 水の広場に降りると そのカモの一羽に太い針金が刺さっているというので戻って
確かめると 一羽の背に太い釘のようなのが6,7センチぐらい出ている
ひどい事されているが何食わぬ?感じで二羽ならんで行ったり来たり泳いでる・・・
 頑張っている
     今朝の新宿中央公園
 雲が多く張って下の薄いところから朝焼けの名残り色が覗いている
ここ3日ぐらいは雲の多い空で明けていって気温も高め
朝の内は風もない 陽のない空の下では緑が濃く深く神秘的
 野鳩が地面をつっついたり 雀が飛びかい 
他の小鳥(名前が分らない)も出てきている
うす紫の小さい花が涼し気 今年は季節の花類が早く見れる
紫陽花は蕾を大きくし つゆ草も咲いて言える こんなにいい自然なのに・・・
行き交う人は同じくらい
 動いて汗をかき帰
       おんちゃんただいま
 淡い陽ざしの入り込んでいる家の中ムッとする
玄関で上下脱ぎ除菌スプレー
窓を開け 汗を拭き着替えて何時ものように朝支度
 おんちゃんゴハンですよ そして花の水切り替え 
 晴のち曇りの天気予報 昨日みたいに 又きれいに晴れていくのかな
     そんな朝の始まり
  生活環境分科会 中止
さっ!!今日も元気にイこうっと!
    ----------------